レオノールの脳内ヒプナゴジア レオノールの脳内ヒプナゴジア
2024年1月13日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
場面写真場面写真場面写真場面写真
TRAILER
おばあちゃん画像
INTRODUCTION
サンダンス映画祭 審査員特別賞受賞

二つの世界の並行という、驚きのストーリーで待望の初監督を飾るのは、その類い稀な想像力で観客を圧倒するマルティカ・ラミレス・エスコバル。「フィリピンではアクションスターが大統領になるくらい多くの人がアクション映画に影響を受けているのはなぜ?
この不条理に、私はおばあちゃんというレンズを通して優しいアプローチで取り組みました」ときっかけを語る監督。「レオノールのモデルは祖母です。フィリピンの暗い時代を生きた苦労人です。いつも笑顔で愛情深く多大な影響を受けました。暴力や戦争はなぜなくならないのか?レオノールは、暴力でなく愛で立ち向かいます」。現在31歳、21歳から8年の歳月を費やし完成させた。脚本は25稿に及んだ。世界を、人生を愛しむため一生懸命に結末を探し続けるレオノールを、愛とユーモア溢れる視点で描き出している。
カラフルな脳、フォトコピーする幽霊、妊娠した男性など生者と死者の境界が曖昧なエスコバルワールドに酔いしれる奇想天外メタコメディ。世界中の映画祭を席巻した感涙のアクション・エンターテインメント、ついに日本上陸。

<脳内アクションスターのおばあちゃん>という唯一無二のキャラクターをチャーミングにエネルギッシュに演じ、その圧倒的な存在感が絶賛されたのは、本作で主演デビューとなるシェイラ・フランシスコ。フィリピン人として初めてロンドンのロイヤル・ナショナル・シアターで公演した名優だ。

「今年の最も素晴らしくオフビートなデビュー作」(ロスアンゼルスタイムズ)、「SFのピンチで攪拌され、メロドラマのノスタルジアを浴びたアクション。ダグラス・サークがカンフーアクション映画でペドロ・アルモドバルと結合したような作品」(EXAMINER)、「映画制作にまつわる愉快なメタフィクションであると同時に、90年代のフィリピン製アクション映画へのラブレターでもある」(大阪アジアン映画祭)など世界中が、混乱しつつも、激賞

2022年サンダンス映画祭 Innovative Sprit 審査員特別賞 受賞2022年トロント国際映画祭 Amplify Voices賞 受賞2022年ロサンジェルス アジアメディア(CAAMFEST) 最優秀ナラティブ賞 受賞2023 Film Independent Spirit Awards  (インディペンデント・スピリット賞) Best International Film ノミネート
ストーリー画像 「トシヨリを甘く見ると痛い目にあうよ」 「見事なメタコメディスリラー」「映画の魔法と愛の力」「メタでとても楽しい」
フィリピンの新鋭が脳内アクションスターのおばあちゃんを描く奇想天外メタコメディ
STORY

かつて映画監督だったレオノールも72歳になり今では電気代も払えずにいた。彼女の二人の息子のうち兄ロンワルドはずっと以前に事故で亡くなっており、残された弟ルディも仕事で遠くに行くことになった。そのせいでレオノールは精神的にも落ち込んでいた。

そんなある日、新聞に掲載されていた脚本コンクールを目にした彼女は、現状を抜け出すために映画脚本の執筆に取り組み始める。その内容は「殺された兄の仇を弟が討つアクション映画」で、昔に書いたものの未完で終わっていた作品でもあった。脚本のアイデアを考えながら歩いていると、運悪く近所のカップルが投げたテレビが降ってきてぶつかってしまう。

その結果、レオノールはヒプナゴジアに陥り現実と物語の世界を行き来するようになってしまった。その物語の世界とは、先ほどまで執筆していた仇討ちアクション映画の世界だった。レオノールは自分で書いた脚本の世界に入り込んでしまったのだ。
ストーリー画像
レオノールは物語の世界で、兄の仇を討とうとする主人公と出会い共に旅をする。現実世界では、意識を失って入院しているレオノールをルディが看病をしていた。物語の世界では、レオノールは息子を亡くした女性と出会う。そこでレオノールは言った「私もロンワルドを撮影中の事故で亡くしてしまった」と。この未完の物語は亡くなったロンワルドへの贖罪の物語でもあった。

ルディは今まで母親に対して冷たく応対していたことを悔い、レオノールを脚本の世界から引き戻そうとするが、レオノールは病室からもいなくなってしまう。ルディは現実の世界でレオノールを見つけようと奮闘する。かたやレオノールは物語の世界で未完脚本の結末を見つけようと奮闘する。過去に中途半端で終わってしまった自作品への納得のいく結末を……

ストーリー画像
CAST
シェイラ・フランシスコ
レオノールシェイラ・フランシスコ
ボン・カブレラ
ルディボン・カブレラ
ロッキー・サルンビデス
ロンワルドロッキー・サルンビデス
アンソニー・ファルコン
死んだロンワルドアンソニー・ファルコン
アラン・バウティスタ
バレンティンアラン・バウティスタ
レア・モリナ
イサベラレア・モリナ
STAFF
マルティカ・ラミレス・エスコバル
監督・脚本マルティカ・ラミレス・エスコバル
Mario Cornejo、Monster Jimenez
プロデューサーMario Cornejo
Monster Jimenez
Carlos Mauricio
撮影Carlos Mauricio
Eero Francisco
美術Eero Francisco
Lawrence S. Ang
編集Lawrence S. Ang
Corinne De San Jose
音響Corinne De San Jose
Mikee dela Cruz
アソシエイト・ディレクターMikee dela Cruz
THEATER
(2024/2/22更新)
地域 劇場名 公開日
宮城 チネ・ラヴィータ 2/16(金)〜
東京 シアター・イメージフォーラム 1/13(土)〜
東京 kino cinéma立川髙島屋S.C.館 2/9(金)〜
神奈川 kino cinéma横浜みなとみらい 2/9(金)〜
長野 上田映劇 2/16(金)〜
石川 シネモンド 3/9(土)〜
大阪 シネ・リーブル梅田 1/19(金)〜
京都 アップリンク京都 1/19(金)〜
兵庫 元町映画館 1/20(土)〜
福岡 kino cinéma天神 2/16(金)〜
CREDIT

監督・脚本:マルティカ・ラミレス・エスコバル(初長編監督作品)
出演:シェイラ・フランシスコ、ボン・カブレラ、ロッキー・サルンビデス、アンソニー・ファルコン
2022年/フィリピン/99分/フィリピン語/字幕:日本語、英語
原題:Ang Pagbabalik ng Kwago/英題:Leonor Will Never Die
日本語字幕:細田治和